モリンガの香水ってどんな香り?モリンガの香りと香水の正しいつけ方

香りは人の印象を左右する重要な要素です。

誰かと初めて会う時や好印象を与えたい時には、モリンガの香水を試してみて下さい。

自然を感じられる優しい香りに、気分も華やぐことでしょう。

香りは見た目以上に印象を決める重要な要素

モリンガの香水ってどんな香り?モリンガの香りと香水の正しいつけ方

あなたは、自分の香りがどう相手に印象を与えているのか考えたことがありますか?

もし自分では意識していなかったとしても、相手はその香りを頼りに様々なことをイメージするものです。

物や人の香りを嗅いでみて心地良いと感じたり、少し苦手かもと感じた経験があると思います。

嗅いでいる時間は短くても、人は想像以上に香りで印象を決めていることが多いようです。
香りが与える働きは、体の仕組みと深い関わりがあります。

嗅覚以外の五感である視覚や聴覚は、感情や本能、記憶などに関与している大脳辺縁系に直接は伝わりません。

しかし、嗅覚だけは大脳辺縁系にダイレクトに伝わってその人に対するイメージを掻き立てたり、深く印象に残ったりします。
一度行った場所や会った人を、香りと共に思い出したりしたことはありませんか?

香りと記憶は深く結びついているので、香りをきっかけで記憶が呼び出されたりすることが良くあります。

また一度香りを嗅いで印象づけてしまった記憶を塗り替えるのは、とても大変なことです。
そんな、人の記憶に残る重要な要素である香りを選ぶ際に意識して欲しいことがあります。

それは、自分が良い香りだと思っているからといって、相手も同じように良い香りだと感じているとは限らないということです。

香水は、一歩間違えると苦手な香りと感じさせてしまい、会った人に対して不快感を与えてしまう恐れがあります。

香水選びでは、自分の落ち着く好きな香り、それでいて周りにいる人に苦手意識を感じさせないすっきりとした香りを選ぶことが大切かもしれませんね。

モリンガってどんな香り?

モリンガの香水ってどんな香り?モリンガの香りと香水の正しいつけ方

モリンガと聞いて、どんな香りを想像しますか?

“緑茶のような落ち着く香り” “ジャスミンのような爽やかな香り”などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

実は、モリンガの葉にはほんのりワサビのような香りがありますが、モリンガの木そのものの香りが地上まで漂うことはほぼありません。

モリンガの花もほとんど香りを感じることはないそうです。
それでも、「モリンガの香り」と表示されている商品は多く存在しますし、当然はっきりとした香りも感じられますよね。

モリンガ本来の香りは草木のような香りしかしませんから、お花のような香りがするようであれば、他の成分が配合されている可能性も。

正確に表現するならば、「モリンガオイル配合ブレンドオイル」が正しいように感じます。

また、モリンガの花から抽出したエッセンシャルオイルなどが含まれていなければ、「モリンガの花をイメージした香り」という方が正しいかもしれません。
市販されているモリンガオイルなどは、ラベルに配合率の高いものから順に成分が表示されています。

30種類ぐらい並ぶ成分名がずらりと並んでいますが、よく見ると成分表の下の方に「ワサビノキ種子油」と記載されているのが分かります。

配合されている量の多さ順に表示されているので、モリンガ特有の成分「ワサビノキ種子油」が配合されていても、その配合量はとても少ないものが多いそうです。

もちろん商品によって配合量に差はありますが、モリンガの香りを少しでも多く感じたい場合は、純度の高いモリンガオイルを使うようにしましょう。
ですが、ここで一つ注意点があります。

モリンガは、決して安価な素材ではありません。

そのため、モリンガの純度が高くなるほど値段も高くなってしまいます。

お財布と相談しつつ、配合量をチェックしてみることもおすすめです。

モリンガはこんな香り!その特徴とアロマの癒しを楽しむおすすめ方法

モリンガの香水はどこで買える?

モリンガの香水ってどんな香り?モリンガの香りと香水の正しいつけ方

モリンガの香水を探してみると、どなたも一度は聞いたことがあるスキンケアブランドがモリンガの香水を販売しているのが目に付きます。

モリンガは、本来モリンガ特有の草木の香りしかしないものですが、有名なスキンケアブランドのモリンガの香水は、モリンガの香りをイメージしてフローラルベースに作られています。

モリンガがこの香りというというわけではないようですが、優しく包み込んでくれるような華やかな香りが人気を集めています。
先ほども言ったように、純粋にモリンガそのものの香りを楽しみたいのであれば、純度の高いモリンガオイルなどを用いた方が良いでしょう。

そのブランドがイメージするモリンガの香りが自分の好きな香りであれば、ぜひ試してみてくださいね。
ここでは、モリンガの香水や香りが感じられる他のモリンガ製品を少し紹介していきたいと思います。

同じ香りでも形状が違うと香り方にも変化を感じられるようなので、色々なシーンで使い分けるのもおすすめです。

しっかりと香るモリンガの香水

モリンガの香水ってどんな香り?モリンガの香りと香水の正しいつけ方

モリンガの香りを最大限に感じることができるのは、やはり香水ですよね。

香水は一度付けてしまえば長く香りを楽しむことができるので、モリンガの香りを存分に楽しむことができます。

スキンケアブランドで販売されているモリンガの香水は、フローラル系の香りが多く、爽やかな印象を与えてくれます。

香りには好みがありますが、爽やかさを感じることができる香りは好まれやすいようです。
香水は一度につける量を間違えてしまうと、香りがキツくなってしまう恐れがあります。

つけ過ぎずほのかに香るくらいの量にしておきましょう。

おすすめは服を着て隠れるところに2プッシュ程度つけておくことです。

洋服に直接つけてしまうと、繊維にダメージを与えてしまう恐れがあるので避けた方が良いでしょう。

服の下から香るようにすれば、ふんわりほのかに香りを楽しむことができます。

ほのかに香るボディーミストもおすすめ

モリンガの香水ってどんな香り?モリンガの香りと香水の正しいつけ方

香水のように持続性の高い香りよりも少しだけ香らせたい場合には、モリンガのボディーミストもおすすめです。

ボディーミストは香りがふわっと包み込んでくれるような優しいつけ心地が魅力なので、少しだけ香らせたい時には取り入れてみて下さい。
ボディーミストなら好きな時につけ足すことができるので、香りが飛んでしまったら改めてつけ直すことができます。

コンパクトなケースに入っているものなら、ポーチなどに入れて持ち歩けるので便利ですね。

モリンガの香りを手軽に楽しめるアイテムなので、お出かけ前や人と会う前に一吹きしてみてはいかがでしょうか。

自宅で楽しみたいならボディクリームやボディバターを

モリンガの香水ってどんな香り?モリンガの香りと香水の正しいつけ方

モリンガの香りを自宅でも楽しみたいのなら、ボディクリームがおすすめです。

ボディクリームなら保湿もできて香りも楽しめるので一石二鳥ですよね。
ボディバターは、香りだけ楽しみたい方からすると、少しベタつきが気になるかもしれません。

しかし、冬などのお肌が乾燥していてお肌が敏感になっていると、香料などにお肌が反応して刺激を与えてしまう可能性もあります。

そんな時、ボディバターであれば保湿しながらお肌に香りを保っておくことができます。

お気に入りの香りで保湿ケアができるので、女性は特に嬉しいですよね。

いい香りに包まれる感覚を自宅で味わえると、リラックスも期待できます。
また、さらに保湿を高めたいのであれば、オイルと混ぜて使用するのもおすすめです。

そのまま使用するよりも、伸びが良くなって体に満遍なく塗ることができますよ。

まとめ

モリンガの香りについて紹介していきましたが、モリンガの本来の香りと商品として販売されているものとに多少の差があるということがわかりましたね。

モリンガの香水の香りが気に入るかどうかは個人差もありますので、実際に商品の香りを嗅いだりつけてみてから購入を検討すると良いでしょう。

一度お気に入りの香りが見つかれば長く愛用できますので、自分にしっくりとくる香りを見つけてみてください。

お気に入りの香水を使うほど、その香りがあなたらしい香りに変わっていくかもしれません。
モリンガの香水だけでなく、どの香水でも、一度試しにつけてみるのがおすすめです。

数時間程度放置して、香りがどのように変化してくのかを確認するようにすると、自分に合った香水をより楽しめるのではないでしょうか。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。