モリンガオイルは究極の美容オイル!キレイをサポートする使用方法とは

広告

人が必要とする栄養がモリンガ一つで手に入るといわれているほど、モリンガの成分は健康維持や美容に役立つと話題です。その中でもモリンガの種から抽出されるオイルが今、髪・肌・ボディといった全身美容に効果を発揮すると話題なのを知っていますか?オイルと聞くと保湿をイメージしますが、肌を潤すだけでなく、エイジングケアやリラックス効果など、モリンガの特性を生かした全身美容をモリンガオイルで叶えることができるのです。オイルを使った美容方法はたくさんありますが、他のオイルと何が違うのでしょうか?モリンガオイルがもつパワーやモリンガオイルを使った詳しい美容方法、また、食用のモリンガオイルについてもご紹介します。

モリンガオイルって?

奇跡の木と呼ばれるほど、その植物すべてに人間が必要とする栄養素を含んでいるモリンガは「スーパーフード」「メディカルハーブ」として、東南アジアのみならず美容や健康維持に関心の高い人たちに支持されています。
そんなモリンガの種から抽出されるオイルは、その成分の質の高さから美容効果が高く、注目されているアイテムなのです。他の美容オイルとどう違うのでしょうか?

モリンガは単なるスーパーフードではない

モリンガ茶やモリンガパウダーなどを食生活やライフスタイルにとり入れ、口にすることでその多大なる栄養を吸収することができる「スーパーフード」としての一面がとりあげられがちなモリンガですが、モリンガの魅力は何といっても植物全体が栄養素であり、無駄がないということ。葉だけでなく茎や花、種までもが上質な成分でできているのです。
その中でも種から抽出されるオイル、「モリンガオイル」は美容成分がたっぷり入っており、全身美容に活用できると話題になっています。

モリンガオイルの特徴

モリンガはアーユルヴェーダの伝統医学で使用されてきたほか、西洋でもメディカルハーブとして葉・茎・種・花といったすべてが利用されていました。
モリンガオイルは種子から搾り取られますが、モリンガの種に含まれるたんぱく質成分は異物や不純物をとりのぞき、水に入れることで不要物を凝固する作用があることから、その浄化力が美容や健康維持に役立つと世界各地で注目されているのです。

モリンガオイルの成分

モリンガの種子からとれるオイルの7割にあたる主成分はオレイン酸で、酸化しにくい不飽脂肪酸が充分に入っています。そして、モリンガオイルの9%を占めるベヘン酸は、体の中に不必要とされている老廃物を排出し、代謝を促す効果が高い成分です。
ほかにもビタミンA、ビタミンC、βカロテン、カルシウム、ミネラル、カリウム、鉄といった体が必要とする栄養素が豊富に含まれています。

モリンガオイルが与える美容効果

成分や品質の良いモリンガオイルは、実際にどのように肌や身体へアプローチしてくれるのでしょうか。その効果について詳しく説明していきます。

エイジングケア

モリンガに含まれているポリフェノールには強い抗酸化作用があります。それにオイルの保湿作用が加わることで、スキンケアに使用するとしわやほうれい線を目立ちにくくし、たるみに効くのです。また、乾燥から肌を守るだけでなく、水分を保つ保湿エモリエント効果もあるので、加齢に伴い潤い不足になっていく肌に浸透し、くすみがちな肌色を明るくしてくれます。モリンガオイルはアンチエイジングの効果をもたらしてくれます。

肌トラブルを緩和

モリンガオイルの保湿成分は、潤い成分である皮脂量をコントロールする役割をします。乾燥しない肌に導いてくれるだけでなく肌表面のバリア機能が高まるため、外的刺激から肌を守り、トラブルを防いでくれるのです。
また、モリンガには、肌自身がもつ成分、ヒアルロン酸が減少するのを抑制する働きがあります。ヒアルロン酸は肌弾力を左右するだけでなく水分を蓄える役割も果たしてくれるため、水分の保持力が低く乾燥しやすいアトピー性皮膚炎の悩みも軽減してくれます。

美髪を育てる

主成分であるオレイン酸が豊富なモリンガオイルは髪の水分量を維持し、乾燥を防いでくれるので、パサつきや切れ毛、枝毛を予防し、髪を美しく育ててくれます。
また、モリンガオイルを頭皮に塗布すると不要な皮脂汚れを落としながら適度に潤ってくれるので、皮脂バランスを整えながら頭皮を清潔に保つ働きをしてくれます。モリンガオイルを使用することで毛根を強くし、頭皮トラブルを軽減できるのです。

痛みを和らげる

モリンガの成分にはギャバが含まれており、リラックス効果が期待できるため、モリンガオイルはボディケア用のマッサージオイルとしても活用できます。
そして、モリンガの種子には抗炎症作用があるため、リウマチや関節痛などの痛みを和らげる効果があります。炎症の緩和にも働き、医学の分野でもモリンガオイルは注目されているのです。

モリンガオイルを使うスキンケア方法

それでは、モリンガオイルの詳しい使用方法をみていきましょう。まずは、気になるスキンケアからです。

●保湿
モリンガオイルは水に溶けやすく肌なじみが良い特徴があります。使用している化粧水に混ぜることで保湿力をあげることができますので、オイルのべたつきや相性が気になる場合、まずは化粧水に一滴垂らし、試してみてください。
モリンガオイルは直接肌にのせても浸透が良く、高い抗酸化作用やビタミンによる美肌効果を発揮しますので、メイク前や化粧水の後、手のひらにとり、じっくり温めてから肌を包むようになじますと肌が潤います。

●リップケア
水分保持が難しく、乾燥しやすい唇にはモリンガオイルが良く合います。メイク前やお風呂上がりに薄くのばしてなじませることで乾燥による縦じわや皮むけを防いでくれます。塗る際は摩擦しすぎないようになじませてください。

モリンガオイルを使うボディケア方法

全身美容が叶うモリンガオイルを身体にも使用してみましょう。モリンガがもつ効能を活かしたボディケア方法をお教えします。

●ハンド・ネイルケア
ハンドクリームやネイルクリームを使用し、保湿をしていても、カサつきや乾燥が気になる・・・ということはありませんか?それは、クリームの保湿成分が手や爪に浸透していないことが原因の一つです。
ハンドケア、ネイルケアの最初にモリンガオイルをなじませてみてください。その後のクリームの浸透力が変わり、しっとり潤う手先になりますよ。

●マッサージ
モリンガは食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸といったデトックス成分がとても豊富に配合されています。また、モリンガのギャバ成分にはリラックス効果があり、ストレスを和らげてくれる働きがあるため、抽出されたモリンガオイルはマッサージオイルに最適なのです。
保湿・抗炎症作用をもつモリンガオイルで全身を優しくマッサージすれば、疲れを癒しながら肌を潤わせ、引き締めてくれる効果がありますよ。
また、モリンガオイルは口にすることができるほど安全な天然オイルなので、赤ちゃんや子供にも使用できます。安眠効果もありますので、ベビーマッサージの使用にもおすすめです。

モリンガオイルを使うヘアケア方法

髪や頭皮にもモリンガの成分が良い働きをします。ヘアケアにモリンガオイルを使用してみましょう。

●ドライヤー前に
モリンガオイルがもつ水分量を保ちながら乾燥を防ぐ作用は、髪にも高い効果を発揮します。水になじみやすい性質があるので、特に濡れた髪に使用すると浸透力がアップします。お風呂上がりの濡れた髪になじませるとドライヤーによる熱ダメージを保護してくれますよ。
ヘアセットをする際など、乾いた髪に使用する場合は、ミルクタイプのスタイリング剤や洗い流さないトリートメントに数滴混ぜると毛先がパサつくのを予防してくれます。

●頭皮
皮脂と潤いをコントロールできるモリンガオイルは、脂っぽくなったり乾燥したりと地肌をキレイに保つのが難しい頭皮との相性も抜群です。シャンプー前にモリンガオイルを頭皮になじませ、ブラッシングやマッサージをすることで不要な皮脂汚れを落としてくれるので、頭皮ケアにも活用してみましょう。
また、髪や頭皮の乾燥が気になる場合はシャンプーやトリートメントに混ぜて使用するのもおすすめです。マッサージ後、シャンプー後はしっかり洗い流してくださいね。

モリンガオイルで万能なバームをつくろう

全身に潤いを与え、高い抗酸化作用でエイジングケアにも活用できるモリンガオイルですが、べたつくようなオイル美容が苦手な人や、オイルの使いづらさが不安なあなたのために、モリンガオイルと身近な保湿アイテム、ワセリンで作るバームの作り方をご紹介します。

材料
ワセリン・5g
モリンガオイル・2.5g
(お好みでアロマオイル・数滴)

作り方
1.空のクリームケースを用意します。熱湯消毒しておきましょう。
2.ワセリンをスパチュラ、箸などでとり、ケースに入れます。
3.モリンガオイルを加え、均一に混ぜます。

ポイント
アロマオイルを使用する場合はモリンガオイルが混ざりきってから加え、混ぜてください。モリンガオイルは天然成分です。ワセリンとモリンガオイルの量を増やして作ることも可能ですが、2週間~1か月で使い切れる量を目安にしてください。

使用方法
リップ・ネイル・ハンドケアの他、パサつきやすい毛先、カサつきやすい目元やひじ・ひざ・かかとなどの保湿に最適です。手のひらで温めてから浸透させましょう。
乾燥が特に気になるパーツには、化粧水で水分を与えた状態の肌にこのバームをたっぷりなじませ、上からラップをし、蒸しタオルをのせて数分おいてみてください。ラップを剥がすと潤いが取り戻せますよ。

食べるスキンケア?食用モリンガオイルとは

モリンガオイルは食用のものも販売されています。オリーブオイルのように加熱してもそのままでも安全に口にすることができ、万能に活用できます。モリンガオイルに含まれているオレイン酸は酸化しにくく、悪玉コレステロールを減少させたり脂肪燃焼効果があるため、ダイエット中の体にも優しいオイルなのです。

植物からできているですがクセは少なく、無色無臭なのも特徴的です。抗酸化作用はもちろん、ビタミンも多く含んでいるので、野菜や果実、肉や魚のようなたんぱく質源と一緒にとれば食材が持つ栄養を活かしながら美容効果をアップさせてくれます。

まとめ

オイルを使った美容はトレンドにもなっていますが、モリンガオイルはオイルがもつ保湿力の高さだけでなく、若返りやリラックス効果、抗炎症作用もあるため、他のオイルに比べてとても美容効果の高いオイルだといえます。
使い方やアレンジも豊富で口にしても安全なので、あなたに合った使用方法で全身美容に役立ててくださいね。

広告