モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

新たなスーパーフードとしてセレブの間で話題となり、注目されたモリンガ

インドでは2000年以上前から医学に用いられ、健康に役立てられたと言われています。

現在でも、お茶として飲用されており、健康への効果が期待されています。
どうしてモリンガがここまで注目されているのでしょうか?
管理栄養士として、女性が不足しがちな栄養成分や女性にうれしい美容やダイエットに役立つ成分などが豊富に含まれている点に注目しています。

モリンガの成分や期待できる効果について詳しく解説しましょう。

捨てるところはない!モリンガの有用性

モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

モリンガは、紀元前2500年ほど前からある植物で、1年で約3メートルも成長します。

その生命力の強さ、栄養が豊富なことから、奇跡の木と呼ばれています。

モリンガの葉、花、種、幹、根などすべてに価値あり

日本ではあまり知られていませんが、別名ワサビノキとも呼ばれています。
モリンガは、インドが原産であり、現地では日常生活で幅広く利用されているのだとか。

現在でも、花や葉の部分はお茶として飲まれたり、ハーブとして利用され、根は薬や食材として、種はオイルとして、美容にも役立てられているようです。

栄養豊富なモリンガの葉

特に栄養が豊富に含まれていると言われているのが、「葉」です。
ミネラルやビタミン、アミノ酸が豊富で、栄養不良の子供たちがいる国では、粉ミルクに混ぜて乳児に与える地域もあるそうです。

市販されている粉末のものは、モリンガの葉を利用した商品が多くみられます。

管理栄養士も気になるモリンガの成分

モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

モリンガの栄養成分の種類はさまざまです。

90種類以上の栄養素が含まれています。

モリンガに含まれる栄養素

モリンガは、日本人が不足しがちなビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

たんぱく質も含まれていますが、たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、食品から摂取しなければならない必須アミノ酸が9種類含まれているのも特徴です。
また、味覚や嗅覚を正常に保ち、発育の促進、傷の回復などにも役立つミネラルである亜鉛も含まれています。

モリンガ生葉100gの比較で、カリウムはバナナの約1.3倍、ビタミンAはトマトの約8.4倍、ビタミンCはいちごの約2.3倍とビタミン類が豊富です。
ビタミン以外にも、鉄分はほうれん草の約2倍、カルシウムは牛乳の約1.7倍などミネラルも多く含まれています。

いろいろな栄養素をバランスよく摂ることで効率よく体に摂り入れていくことができますから、管理栄養士として、1つの食材でこれだけいろいろな種類のビタミンやミネラルが豊富に含まれている点に注目しています。

ミネラル・ビタミン以外にも食物繊維・GABAが豊富

管理栄養士として注目したいのが食物繊維の含有量です。

日本人が不足しがちな食物繊維は、モリンガ生葉100gの比較で、レタスの約1.8倍含まれています。
食物繊維は消化されずに小腸から大腸まで達する食品成分です。

便通を整える整腸作用を助けるだけでなく、血糖値の急上昇を抑える働きや血液中のコレステロール濃度の低下などの働きがありますから、積極的に摂り入れたい栄養素です。
もう1つの注目成分は、アミノ酸の一種であるGABAです。

GABAは発芽玄米に多く含まれ、健康に役立つことで知られています。

モリンガ粉末で比較すると発芽玄米の約16倍多く含まれています。
GABAは、ストレスを和らげる、リラックスさせるなどの働きが期待できます。

市販のお菓子に使われるなど一般的に広まったGABAですが、ストレス社会に生きる現代人にとって必要な成分であり、発芽玄米に比べ、これだけ多く含まれていることに管理栄養士として注目しています。

モリンガで期待できる4つの効果

モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

さまざまな栄養素を含むモリンガですが、特に4つの効果が期待できます。

①抗酸化作用

抗酸化作用のあるビタミンC、血流促進するビタミンE、皮膚や粘膜を健康に保つ働きのあるビタミンAを含んでいます。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEと一緒に摂ることで紫外線への抵抗力が増し、美肌づくりにも役立ちます。

②リラックス効果

ストレスの多い人はさまざまな栄養の補給が必要と言われていますが、ストレス緩和に役立つビタミンC、ビタミンE、パントテン酸が含まれています。
また、GABAは体内で十分な量を作られていますが、強いストレスにさらされるとストレスを緩和しようとして大量に消費され、不足しがちです。

モリンガに含まれるGABAを摂ることでストレスを和らげる働きが期待できます。

③疲労回復

疲労回復に役立つビタミン類やカリウム、鉄分を含んでいます。

日本人が主食として食べるご飯やパン、麺類などの糖質をエネルギーに変えるためにはビタミンB₁が必要で、不足すると疲労物質がたまりやすくなります。
また、水分の代謝をよくするカリウムは、汗をかくと同時に失われて不足しやすく、夏バテ、脱力感、イライラの原因となります。

鉄分は吸収率が低く、不足しやすいミネラルの1つです。
酸素運搬の働きがあり不足するとめまいなどの貧血による症状があらわれますので、疲労回復には欠かせない栄養素です。

モリンガは、これらの栄養素をまとめて摂ることができます。

④デトックス

食物繊維が含まれていますので、腸内環境を整え、便通を助ける作用があります。

腸の働きが良い状態になると、栄養素をきちんと取り入れる環境が整うため、ダイエットのサポートにもつながります。

モリンガにデメリットはある?注意点は

モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

栄養豊富なモリンガですが、摂取するときには注意が必要なことも。

モリンガを摂り入れるときの注意点をまとめました。

妊娠中の摂取に注意が必要

モリンガには妊娠中や授乳中に必要なビタミンである葉酸も含まれ、手軽にとれる食品なのですが、妊娠中に多く摂りすぎると流産が見られたとの報告もあるため注意が必要です。

また、糖尿病や腎臓病などの持病がある人は、血糖値やカリウム摂取量の関係で病気への影響が考えられますので、使用には十分注意するようにしましょう。

使用量に注意

さまざまなモリンガを使用した商品がありますが、それぞれ栄養成分も異なります。

良いからと言っていろいろなものを組み合わせて食べると、摂りすぎてしまうことになりますので注意しましょう。

モリンガの摂取方法

モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

管理栄養士おすすめの、おいしく栄養が摂れる食べ方をご紹介しましょう。

手軽にドリンク

青汁や緑茶のように、モリンガの葉の粉末を利用した商品が多く市販されています。

水や牛乳に溶かして、手軽に飲むことができます。
ハーブとしても利用されているモリンガは、モリンガティーとして煮出して飲むものもあります。

くせが少なく、飲みやすいドリンクです。

おやつや料理にも

粉末は生地に練りこんで調理することができます。
ドーナツ、食パン、クッキー、パンケーキなどの生地に少し入れることで、おやつとして、香りも気にせずに食べることができます。

生葉はハーブのように添えて香りを楽しんだり、粉末は抹茶のように生クリームケーキ、チーズケーキ、アイスなどの上にふりかけたりと、色もきれいに仕上がります。
モリンガの根っこはすりおろして、わさびのような調味料として使うこともできます。

メニューとして、モリンガを練りこんだそばやパスタを提供する店もあるようですので、外食時に利用することもできますね。

モリンガに含まれる栄養素を効率よく摂る食べ方

ビタミン類が豊富ですが、水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン両方を含んでいます。

そのため、熱に弱いビタミンもあるので、さまざまな調理方法で食べる方が効率よく栄養素を摂ることができます。
煮物などにモリンガを混ぜた場合、水溶性ビタミンが煮汁に溶けだして上手く摂取できない可能性があるため、スープ、煮物などの料理に使用するときは、汁も一緒に食べるようにしましょう。
脂溶性ビタミン類は、油といっしょに摂ると吸収率がよくなります。

良質な油を含むアボカドやナッツ類などの食材を一緒に摂り入れたり、少量の油で炒め物にするのもおすすめです。

まとめ

モリンガの効果とは?奇跡の木と呼ばれるスーパーフードに管理栄養士も注目!

モリンガは、スーパーフードと呼ばれるのも納得の、栄養を豊富に含んだ食材です。

女性に不足しがちな栄養成分、嬉しい成分を補える点が管理栄養士としても魅了を感じています。
毎日の食事に少しでも摂り入れることで、不足しがちな栄養素を補うことができます。

自分に合った、食べやすい方法で、試してみてはいかがでしょうか。

執筆者:管理栄養士 あらたけかなこ

あらたけかなこ大学卒業後、管理栄養士として病院に勤務。
糖尿病をはじめとする生活習慣病の栄養指導、特定保健指導、献立作成、調理業務などを行う。
現在はフリーランスとして、コラム執筆、オンラインダイエット指導、産後ダイエットに悩む女性のための猫背改善ダイエット指導を行っている。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。