モリンガがダイエットに良い理由と栄養素を味方にする3つの方法

広告

栄養たっぷりなモリンガ。滋養強壮だけでなく、ダイエットにも活用できたらいいのに…そんな風に思っている女性は多いのではないでしょうか。今回はモリンガがダイエットに良い影響を与える仕組みや、モリンガの持つ豊富な栄養素を最大限に引き出しつつダイエットを成功させるためのポイントをご紹介します。

モリンガとダイエットの深い関係とは

モリンガ自体にはカロリーカット作用はない

栄養満点のモリンガを使ってダイエットができたら理想的ですよね。実際のところモリンガにはダイエット効果があるのでしょうか。

結論から言えば、モリンガには直接的に「痩せる」成分が含まれているわけではありません。

ダイエットの鉄則は、消費カロリーに対する摂取カロリーを減らすこと。一般的にダイエットといえば、食事制限などで摂取カロリーを抑えるイメージがありますが、本当の目的は体内の脂肪を燃焼させることにあります。

そのためには、運動や基礎代謝によって体内でエネルギー消費量を高めるのが大事です。つまり、エネルギー消費量の高い体が痩せやすい体質であり、ダイエット成功へのカギといってもよいでしょう。

この痩せ体質を作るための栄養素がモリンガには豊富。具体的にモリンガの成分にはどういったダイエット作用があるのかをご紹介しましょう。

モリンガの栄養素が腸内環境を整える

モリンガに含まれる栄養素の中でダイエットをサポートする成分はいくつもありますが、特に注目したいのが食物繊維です。

食物繊維はデトックス作用が高く、体内の基礎代謝を正常に保つために重要な成分。

ちなみに食物繊維には次の2種類があります。

  • 水溶性食物繊維

水に溶ける性質を持ちます。水分を吸収するとドロっとしたゲル状になり、腸内の便が固くなるのを防ぎます。

糖質の消化吸収を緩やかにすると同時に余分な脂質を吸着して排出する作用も。また腸内の善玉菌を増やす効果も期待されています。主に海藻や果物などに多く含まれています。

  • 不溶性食物繊維

水に溶けない性質を持ちます。水を含むと大きく膨らむため、便のカサ増しをしながら腸のぜん動運動を促進。便を排出しやすくする作用を持ちます。

また毒素や老廃物を体外に排出しやすくする作用があります。主に根菜類や玄米などに多く含まれています。

食物繊維の理想的な摂取量の割合は、水溶性1:不溶性2。そしてモリンガには、水溶性と不溶性、2種類の食物繊維がバランスよく含まれているのです。

ダイエット中の便秘をモリンガで予防

ダイエット中に便秘になった経験を持つ人は多いはず。これは何故なのでしょうか。

食事制限を伴うダイエットを行うと、摂取カロリーが減るとともに体に必要な栄養素の摂取も減少しがちになります。つまり、お通じに欠かせない食物繊維も不足してしまうということ。

これにより腸の働きが鈍くなり、便秘を起こしやすくなってしまうのです。便秘はダイエットの天敵!その理由を見てみましょう。

  • 有害物質が体内に溜まる

腸内に便が溜まっているのは有害物質を体内にとどめているのと同じことです。この状態では腸壁から必要な栄養素を吸収することができません。

腸内環境の悪化を招いてしまいます。

  • 腸内環境

腸内には多くの腸内細菌が存在しますが、大きく分けるとその種類は善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つ。

健康な腸内では善玉菌が優勢のバランスを保っています。ところが悪玉菌が増加して優勢となると、腸内環境が悪化してダイエットの成果が見えない負のスパイラルに陥ってしまう可能性が。

モリンガはこの腸内環境の改善をすることで、ダイエットを強力にサポートするのです。

モリンガでダイエットに適した腸内環境づくり

ダイエット成功のカギは腸内環境の改善にあり!

理想的な腸内環境は、3種類の腸内細菌のうち善玉菌が優勢の状態です。

腸内環境が良好だと腸が正しく機能するためお通じが安定します。毒素や不要な物質を便と一緒に体外に排出するので、腸内がきれいに。食事から摂った栄養素をしっかりと体内に吸収することができます。

このため基礎代謝がアップ。ダイエットをスムーズに行うことができます。また、便が体内からなくなることでぽっこりしていたお腹もスッキリ。これだけでシルエットが変わったことを実感する人もいるでしょう。

モリンガを上手にダイエットに取り入れて腸内環境を整えたいですね。

腸内環境が悪化するとこんなデメリットが…

悪玉菌が増加して腸内環境が悪化すると便秘が起きやすくなるのはご存知の通りです。便秘はダイエットに必要な基礎代謝を低下させるなどのデメリットがありますが、その他にも体に悪影響を及ぼします。

そのひとつが自律神経の乱れ。

腸内に便が溜まるとガスが発生し、お腹が張りやすくなります。腹部の不快感や胃もたれが影響して自律神経が乱れてしまうことがあるのです。

イライラするストレスが食欲に繋がりやすい人は、食べすぎなどでダイエットに挫折してしまうリスクがあります。また便秘により発生した有毒ガスは肌あれや体臭の原因に。悪化すると体調に深刻なダメージを与えることもあるのです。

ダイエットを成功させるためには便秘は厳禁です。モリンガで食物繊維をしっかり摂取して善玉菌が優勢な腸内環境へと整えましょう。

ちなみに良い便の状態は、食物繊維をたっぷり含み、モサモサした質感のバナナ状。便の回数とともにコンディションもチェックしたいですね。

ダイエットをサポートするモリンガの栄養素たち

食物繊維のデトックス作用にはメリットが豊富

モリンガで食物繊維を摂り入れながらダイエットをすると、プラスアルファのメリットがいっぱい。

  • 美肌効果

腸内の老廃物が排出されて腸壁がキレイになることは肌あれや吹き出物の予防にもなるため、美肌につながります。

  • 免疫力向上

腸内の状態と免疫力は密接なつながりがあります。善玉菌優勢の良好な腸内環境であれば免疫力が向上。ウィルスや細菌に負けない健康な体へと導きます。

  • ストレス軽減

小腸では「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが生成されることが分かっています。腸内環境が良いとセロトニンの生成がバランスよく行われ、ストレスの軽減効果が期待されます。

モリンガに含まれるそのほかのダイエットサポート成分

モリンガに含まれるダイエット成分は食物繊維だけではありません。

そのほかにも健康的なダイエットをサポートする栄養素が豊富に含まれています。

  • たんぱく質

筋肉や骨など、人間の体を構成するたんぱく質。特に筋肉はエネルギー消費が高い組織ですからダイエットには欠かせません。たんぱく質をしっかり摂取して良質な筋肉を作りたいですね。

  • アミノ酸

モリンガには多種類の必須・非必須アミノ酸が豊富に含まれています。特に必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンは総称してBCAAと呼ばれます。

BCAAは体を動かすガソリンのような働きをする成分で、疲労回復や筋肉の組織づくりをサポートする役割を担っています。基礎代謝を保つ効果が期待されますので、ダイエット向きの痩せ体質づくりのために積極的に摂りたい栄養素です。

  • クロロフィル

植物の葉緑体に含まれる色素で、とても小さい形状の成分です。小腸にある繊毛に付着した有害物質を除去する作用を持ち、腸内をクリーンに保つデトックス効果が期待できます。さらに善玉菌を増やす作用もあるので良好な腸内環境を保つサポートをしてくれます。

  • GABA・カルシウム

モリンガにはストレスを軽減したりリラックス作用を持つGABAやカルシウムが豊富に含まれています。ダイエット中のストレスで過食しやすい人には特に嬉しい成分ですね。

モリンガのダイエット効果をより高めるためのポイント

モリンガの食物繊維効果を高める環境づくり

腸内環境を整え、ダイエットに重要な代謝アップをサポートする食物繊維をふんだんに含むモリンガ。

モリンガの食物繊維効果をさらに高めるための方法をご紹介します。

  • 腸の働きを高める

腸を活性化させ基礎代謝を高めるためには、自律神経のバランスを整えるのが大事です。腸の働きを助ける食物繊維ですが、まずは胃腸などの消化器が正常に機能しているのが前提です。

意識的にリラックスする時間を設け、ビタミンEやBをしっかり摂取するなどすることで、自律神経、特に副交感神経の働きが向上します。

  • 朝食を抜かない

朝食事をしっかりととると、消化活動によって腸がぜん動運動をします。胃腸を目覚めさせたり便の排出を促す効果がありますので、毎日欠かさないようにしたいですね。

モリンガとセットで摂取したい栄養素

モリンガのダイエット効果を引き出すために、モリンガの栄養素を高めたり、モリンガには含まれていない成分を組み合わせて摂取するのがおすすめです。

特にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を腸内で増やすためには、そのエサとなる水溶性食物繊維を多く摂取するのが大事ですが、善玉菌や善玉菌をサポートする成分も積極的に取り入れたいもの。

  • 乳酸菌

乳製品や発酵食品に多く含まれています。熱や酸に耐えて生きて腸に届くものや、途中で死んでしまったとしても腸の活性化に役立つものなどさまざまです。ヨーグルトやチーズなど、発酵させた乳製品からは動物性の乳酸菌を、味噌や漬物などからは植物性の乳酸菌を摂ることができます。

  • オリゴ糖

腸内で乳酸菌の働きを活性化させるためには糖分、特にオリゴ糖が有効とされています。バナナやハチミツなどに含まれているほか、オリゴ糖の甘味料なども市販されていますので上手に取り入れましょう。

  • グルタミン酸

腸内でエネルギーとして働くグルタミン酸も、忘れずに摂取したい成分です。肉や魚、卵や大豆などに多く含まれています。

  • 水分をよく摂る

便を柔らかくし、排出しやすくするために水分を忘れずに摂るようにしましょう。冷たい水は腸を過剰に刺激することがありますので、常温で飲むのがおすすめです。

ダイエット効果を高めるモリンガの摂取方法

最後に、モリンガのダイエット効果を発揮する摂取方法をご紹介しましょう。

  • モリンガを摂取するタイミング

モリンガに含まれる食物繊維の効果を引き出すためには食前の摂取がおすすめです。モリンガパウダーを溶かす水やモリンガ茶は常温にするとよいでしょう。

食事前に飲んでおくと満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぎます。さらに水溶性食物繊維が糖質や脂質の吸収を抑えてくれますよ。

  • 運動を取り入れる

ウォーキングやストレッチなど、軽い運動を生活に取り入れましょう。

運動をすることで血行が促進され、自律神経のバランスにも良い影響が期待できます。自律神経は腸の活性化と密接に関係していますので、ぜん動運動のサポートにもなります。

まとめ

 

美しい肌や髪をキープしながらダイエットするためには、食事制限だけに頼るのではなく、体の代謝を高めて痩せやすい体質を作るのが大事です。

モリンガには代謝をアップさせるダイエットサポート成分が豊富。

特に水溶性と不溶性の2種類の食物繊維をモリンガから同時に摂取できるのが大きなメリット。この2種類をバランスよく摂ることで、便秘を解消し、腸内の毒素や老廃物を排出する効果が期待できます。

腸内がキレイになれば腸内細菌の善玉菌も増加して腸内環境が改善。痩せ体質へと近づきます。モリンガに加えてバランスの良い食生活や運動を組み込めば、ダイエット成功は目の前です。

広告