花粉症にも効果的!モリンガがアレルギーにも効くって本当?

体に良いとされているモリンガですが、サプリメントや薬の代わりとして体をサポートする目的で飲んでいる人も沢山います。本当にアレルギーに効果があるか、薬とはどのように違うのかを正しく理解してからアレルギー症状改善のために役立ててみて下さい。薬ではないので、必ずしも効果があると期待しすぎないようにしましょう。

アレルギーとは何?

アレルギーとは、体の免疫が特定の物質に過剰に反応してしまうことを言います。症状は様々で、気管支喘息・アナフィラキシーショック・食物アレルギー・アトピー・蕁麻疹などがそれに当たります。一番身近なものでは、花粉症があり、悩まされている方も多いのではないでしょうか。

本来免疫は、体を守るために働く正常な機能で、外的刺激から身を守ってくれるものです。ですが、生まれつきやアレルゲンの蓄積により免疫作用が過剰に出てしまう場合があります。アレルギーの出方は人それぞれで、特有の症状以外にも少しづつ症状が出てきて、気がつかずにそのままにしておける程度の人もいます。

厚生労働省が発表する「アレルギー疾患の現状等」によると、アレルギー疾患による医療機関の受診者数は年々増加傾向にあるようで、これからアレルギー疾患で苦しむ人がさらに増えると予想されています。アレルギー反応として、特に喘息・アトピー性皮膚炎・結膜炎・アレルギー性鼻炎の4つの症状が多く見られているようです。

モリンガが効くアレルギーとは?

アレルギーの種類には4つのタイプがある

アレルギーには大きく分けて4つの種類に大別することができます。それぞれに異なる特徴があるので、自分がどれに当てはまるのか確認してみるようにしましょう。

Ⅰ型(即時性・アナフィラキシー型)

アレルギー性鼻炎・花粉症・気管支喘息などがこれに当てはまります。いきなり症状が出るものが多く。先天的なものよりも後天的な性質を持つものが多いのが特徴です。

Ⅱ型(細胞障害型・細胞融解型)

不適合輸血による溶血性貧血・AIHA・ITPなどがこれに当てはまります。
細胞の変質により起こるとされている症状で、不適合な輸血を行った際などに起こるといわれていますので、普通に生活していればあまり目にすることのないアレルギーの種類です。

Ⅲ型(免疫複合体型)

血清病・SLE・RA・糸球体腎炎・過敏性肺炎・ABPAなどがこれに当てはまります。
Ⅱ型と同じように、病気になったことをきっかけに起こることの多いアレルギーの種類です。
普通に生活していれば発症する可能性は低いとのことですが、医師による治療が必要です。

Ⅳ型(遅延型・細胞性免疫ツベルクリン型)

接触性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・過敏性肺炎・移植拒絶反応などがこれに当たります。
何かが引き金となり後天的に起こるアレルギー症状で、モリンガでは対応しきれない範囲の症状と考えた方が良いでしょう。

モリンガが効くのは「Ⅰ型」だけ!

モリンガがこの分類の中で効果を発揮すると言われているのは、「Ⅰ型」のアレルギーについてです。いくつかの研究機関の研究結果では、モリンガを経口摂取することによってアレルギー症状の抑制効果が期待できる可能性があるということが分かっているそうです。

モリンガを健康にだけでなく、アレルギー症状の抑制にも効果が期待きるのであれば、ぜひ取り入れたいものですよね。

すべてのアレルギー症状に効果が期待できるとは言えないものの、より身近ですぐにでも改善したいと考えている人も多い、アレルギー性鼻炎や花粉症や気管支喘息などに効果が期待できるといわれているので、今苦しんでいるアレルギ症状を軽減するためには効果的な素材だと言えます。

モリンガを飲む際の注意点

モリンガを飲む際には次のことを確認した上で飲むようにしましょう。アレルギーに良いとされていても、むやみやたらに飲めば良いというわけではありません。食品ではありますが、飲み方に注意しておかないと、体に良くない影響をもたらしてしまう可能性もあります。そうならないように、しっかりと注意点を意識しながら飲むようにして下さい。

モリンガは医薬品ではない

モリンガは医薬品ではありませんが、すでに薬品を使用している方や、ある条件下にある方は飲まない方が良いという場合もあります。モリンガを飲んだ際に体に悪影響を及ぼす可能性のある方を挙げていきます。モリンガを飲む前にぜひ確認して、安心して飲めるようにしておきましょう。

◻︎妊婦および妊娠の可能性のある女性

妊婦さんまたは妊娠の可能性のある女性は、「モリンガ茶には流産のリスクを高める作用がある」と、文献報告されています。これはマウスを使用した実験でそのような例が見られたという報告をもとに言われていることなので、人間でこのようなことが確実に起きると実例をもとに言われているものではないようです。ですが、危険性があるという観点から、厚生労働省では妊娠中の女性に対してモリンガおよびその加工品の摂取を控えるようにと注意喚起していますので、妊婦の方は避けるようにしましょう。

そのため、日本国内でモリンガの関連商品を販売しているお店等には、必ず妊婦さんなどへの注意喚起を表示するように、と指導が行われていますようです。インターネットで購入する際には、必ず説明などをしっかりと読んだ上で購入するようにして下さい。

◻︎血糖降下剤の服用している方

血糖降下剤を服用されている方がモリンガを飲むことを避けるべき理由は、世界各国の大学や医療関係の研究機関によって、モリンガの葉や根に血糖値を降下させる作用があることが発表されているからです。現在ではモリンガの血糖値降下作用を医療分野で活用できないかどうかの研究が行われている途中なので確実なものではありませんが、そのような指摘があるということを知っておくようにしましょう。

今現在、糖尿病や高血糖症の治療として血糖値を下げる薬を服用している方は、モリンガを飲んでしまうと、血糖値が下がり過ぎてしまい、低血糖を引き起こす危険性があると言われています。健康な方が体調管理の一環として飲む程度でしたら問題ありませんが、糖尿病や高血糖病などの何かしらの持病を持っている方がモリンガを飲み始める際は、飲み始める前に1度かかりつけの医師に相談してみるようにしましょう。処方箋を書いている医師はモリンガを飲むことを想定してお薬を出しているとは限りません。

◻︎過剰摂取した可能性のある方

健康に良いと聞いて飲み始めた方が意外とやってしまうのが、モリンガの摂り過ぎです。
モリンガには食物繊維をはじめとする様々な栄養素が豊富に含まれていて、摂り過ぎてしまうと腸内活動が活発になり過ぎてしまい、腹痛や下痢を引き起こす原因になることがあります。それ自体が原因であるかははっきりと報告されていませんが、可能性として有りうるということを理解した上で摂り過ぎないように注意して下さい。

特に胃腸がデリケートだと自覚している方は、モリンガを少量摂取しただけでも消化器系にトラブルが生じてしまう可能性があります。体質や体調を見ながら、自分に合った摂取量を見つけるようにしましょう。丁度良い摂取量はひとそれぞれですので、商品などに記載されている目安量を参考にしながら調節してみて下さい。

飲み過ぎは体に良くない?

モリンガは、優れた効果を持つが故に、使い方を間違えれば体に毒となる可能性もあるため、正しい知識を身に付けた上で使用しなければ、本来の効果を実感できないだけでなく、体に悪影響を及ぼすこともあります。90種類以上の栄養成分を豊富に含み、300種を超える効果や効能を有するとされているモリンガですが、用法・用量を間違えると、副作用が現れてしまうことも。日本では、モリンガに関する摂取量について「高多量してはいけない」と厚生労働省の公式ホームページに掲載されております。しかし、上限に関しての情報は一切載せていないので自分で飲み過ぎないように管理する必要があります。自分で管理しきれない場合には、医師に相談したり購入する際に摂取量の目安を確認してみるようにしてみて下さい。

モリンガは様々な形状で作られていて、それによっても摂取量の目安が異なります。以下にそれぞれの目安量を載せておきますので参考にしてみて下さい。

◻︎モリンガティー

上限は特に決められていません。18歳以上の方は、2.5g~5gほどを目安に摂取するようにすると良いでしょう。1日3杯以上の飲用は飲み過ぎになる可能性があるので、控えるようにして下さい。

◻︎モリンガパウダー

・赤ん坊‐乳幼児⇒0.5g~1g
・小学生⇒1g~1.5g
・大人⇒1.5g~3g

上の分量を、1日2回から3回に分けて摂取し、1度に多量摂取しないようにしましょう。
パウダー状になっていると、ついつい摂り過ぎてしまう傾向がありますので、注意が必要です。

◻︎モリンガ錠剤

・乳幼児⇒2粒~4粒
・小学生⇒3粒~6粒
・大人⇒6粒~12粒
・成犬⇒大人の1/3程度

いつ飲んでも大丈夫ですが、特に食後やスポーツ後に摂取すると効率良く吸収されるのでおすすめです。錠剤であれば持ち運びも便利なので継続して手軽に始められます。

位置付けはサプリメントと同様。医師の受診を優先的に!

モリンガを飲む際には、サプリメントとしての位置付けだということを覚えておくようにしましょう。医療機関で効果が証明されていても、自分で自由に購入できてしまう補助的な働きをしてくれるものという程度に思っておいた方が良いでしょう。

どんなに体に良くても、モリンガは医薬品とは異なり一食品としての扱いですので、継続して飲んでいても効果を実感できなかったり、不調を感じるようであればすぐに医療機関を受診するようにしましょう。飲み方も個人的に好みがあるかともいますが、一度に沢山飲み過ぎてしまうのも良くありません。

自分では判断できないと思ったら、まずは医師に相談して判断を仰ぐようにしてみて下さい。

まとめ

モリンガがアレルギーに効果があると聞いて試そうとしている方には朗報ですが、それでもモリンガの扱い方や飲み方には注意が必要です。モリンガの効果を最大限活用するためにも、しっかりと成分や働きを理解してから活用するようにしましょう。

体の健康だけでなく様々な効果を期待できるモリンガは、使い方を間違えなければあなたにとって役に立つ食品になる可能性があります。アレルギーの症状で悩んでいる方は試してみるのも一案です!