ギルトフリーにモリンガがおすすめの理由3つと美味しく簡単なダイエットレシピ

ダイエット中にスイーツを食べたくなって葛藤した経験のある人は多いのではないでしょうか。そんなダイエッター達に今話題なのがモリンガを使った「ギルトフリー」な食べ物。

そこでギルトフリーフードにモリンガが重用される理由や効果を調べてみました。自宅で簡単にモリンガのギルトフリーフードが作れるレシピもご紹介しています。ぜひ作ってみてくださいね。

ギルトフリーってなに?

ギルトフリーの定義とは

SNSのハッシュタグなどで目にする機会の増えた「ギルトフリー」。「#guiltfree」というタグの付いたインスタグラムを見たことのある人も多いのではないでしょうか。「ギルトフリー」とは、トレンドの中心地であるアメリカで流行した言葉で、「GUILT(罪悪感)」と「FREE(免れる)」という言葉を組み合わせた言葉です。

ギルトフリーフードは、美味しくて健康的。ダイエット中に食べても「罪悪感がない」食べ物です。ギルトフリーの食品には、現在のところ明確な定義があるわけではありません。

白砂糖の代わりにハチミツやアガペシロップを使用している。動物性のバターではなく、ココナッツオイルなどの植物性油を用いている等、美味しく満足感も得られるけれどちょっと体に良いものを指して呼ばれるケースが多く見られます。

ヴィーガンやべジタリアンのように厳しい食事管理のもとでダイエットするよりも美容と健康を意識しながら甘いものやオイルを使ったものを食べたい、というのがギルトフリーのスタンス。

ストレスをためずにダイエットを成功させたい女子たちの間で、じわじわと人気が広まっています。

「ギルトフリー」の食品の特長

たっぷりとバターや卵、小麦粉を使ったお菓子はハイカロリー。かといってダイエット用のスイーツは美味しくない。そんなイメージが「ギルトフリー」のスイーツによって覆されつつあります。

上品な甘みがあって満足感を得られるうえにヘルシーなのがギルトフリースイーツの一番の特長。

それではギルトフリーとは具体的にどんなものなのかを、詳しく見てみましょう。

  • 低カロリー

ギルトフリーといわれるための目安は200kcal程度です。

白砂糖の代わりに甘酒やアップルソースなど「ネイチャーソース」と呼ばれる自然甘味料が用いられます。これらの甘味料は甘みを持ちつつもGI値が低いため、血糖値の上昇を緩やかに抑えてくれます。

また、ミネラルや抗酸化成分が凝縮されたドライフルーツなどで甘み付けをされることもあります。

  • 低糖質

小麦などの炭水化物に多く含まれる糖質には脂肪に変わりやすいというデメリットがあります。

ギルトフリーフードは糖質を多く含む小麦や上白糖を使わず、低糖質のナッツ類が用いられているものが多く見られます。ナッツ類は抗酸化物質や痩せる脂肪酸を含んでいるのでダイエットへのメリットも大きいのです。

  • 低グルテン

小麦粉などに含まれるグルテンは、倦怠感や内臓の不調を引き起こしたり、アレルギーの一因になるとも言われています。また、グルテンを控えると食欲が抑えられるため、ダイエットに効果的だという説も。

ギルトフリーフードではグルテンを含む小麦粉などの使用を控え、キビ粉や米粉などがよく用いられます。

  • 低脂肪

ギルトフリーフードでは、脂質を多く含む卵やバター、牛乳といった動物性たんぱく質の代わりに、油脂をほとんど含まない植物性たんぱく質を使用しています。油分はギーやココナッツオイル、アマニオイルなど。牛乳の代わりにココナッツミルクや豆乳が用いられることが多いため、脂肪分の摂取量を抑えることができます。

  • 無添加

ヘルシーな食材を使っていても添加物や漂白剤が使われていては意味がありません。ギルトフリーの食品では添加物を極力使用せず、無添加にこだわったものも沢山あります。

モリンガは注目のギルトフリー食材

栄養価が高い

ギルトフリーフードの優秀食材としていま注目を集めているのが、ミラクルツリー(奇跡の木)とも呼ばれる「モリンガ」です。

モリンガは亜熱帯や熱帯気候に生息する植物で、90種類以上の栄養素を含んでいます。ビタミンやミネラル、たんぱく質など、人間に必要な栄養がほとんど全てそろっているといわれているほど。

その栄養価を他の食材と比べると

  • 食物繊維…レタスの18倍
  • ビタミンC…オレンジの7倍
  • ビタミンE…ケールの19倍
  • ポリフェノール…ワインの8倍
  • カルシウム…牛乳の16倍
  • 鉄分…ホウレンソウの10倍
  • GABA…発芽玄米の30倍

一例を挙げただけでその成分の豊富さがうかがえますね。

美容効果とダイエット効果が高い

栄養たっぷりのモリンガは、美容やダイエットにも効果的なギルトフリー食材です。

  • デトックス・美肌効果

モリンガは食物繊維が豊富。食物繊維には腸内環境を整える水溶性食物繊維と、腸のぜん動運動を促し、体内の毒素や老廃物を排出する不溶性食物繊維があり、モリンガにはその両方が含まれています。

このデトックス効果により、吹き出物や肌荒れなどの改善効果や美肌効果も期待できます。

  • ダイエットサポート効果

糖質を摂取すると血糖値が上がり、体内でインスリンが分泌されて脂肪が蓄積されやすくなります。モリンガには血糖値の上昇を防ぐ働きかけをする成分が含まれているといわれ、インスリンの分泌が抑制されることでダイエットへの効果が期待できます。

体の内側の機能を整える

ギルトフリーのためには健康への影響も大きな条件。栄養価が高くバランスよく成分が含まれているモリンガには、体内の機能を整える作用があります。

  • 免疫力アップ

整腸作用のある食物繊維は免疫力アップの効果も期待できます。腸には体内の免疫細胞の70%近くが集まっているとされていますので、腸内環境を良くしておきたいですね。

 

ギルトフリーのモリンガスイーツを紹介

モリンガのギルトフリースイーツが商品やカフェメニューに

ギルトフリースイーツの食材として人気が高まっているモリンガ。

カフェやホテルビュッフェでもモリンガを使ったギルトフリーのメニューが展開されています。

タピオカミルクティーで有名な春水堂では、2018年3月から新メニューとして「モリンガタピオカミルクティー」が登場。また期間限定ではありましたが、モリンガ入りの台湾スイーツ「豆花」もメニューに加わりました。無添加にこだわり、香料や防腐剤を使用しない春水堂のメニューはギルトフリースイーツにぴったりですね。

また、ホテルビュッフェでもギルトフリーフードのフェアが登場しました。モリンガをはじめ、豆腐やケールといった健康食材を使用したセイボリーやスイーツのメニューがずらり。

いまは期間限定のイベントでの展開が多いものの、いずれはモリンガを使ったギルトフリーメニューが定番になるかもしれませんね。

ギルトフリーフードのモリンガを日常に取り入れよう

現在、家庭でモリンガを摂り入れる際には、パウダーやお茶が一般的。

料理に混ぜたりエキスを抽出するだけなので手軽で簡単である一方、いつもの料理にパウダーを入れるだけではカロリーカットができません。

また、モリンガを使ったダイエットメニューとしてスムージーも人気です。ただしダイエット中に罪悪感なく「スイーツ」を食べたい!という人にはいまいち満足感を得にくいかもしれませんね。

そこで次の項では、モリンガを使って簡単にできる、ギルトフリーフードレシピをご紹介します。

家で簡単に作れる!モリンガのギルトフリーフードレシピ

モリンガパンケーキ

砂糖や小麦粉、卵などは使いません。完熟したバナナの甘みがポイントの、ギルトフリーでヘルシーなモリンガパンケーキです。

密度の高い生地になりますので食べ応えも充分。

<材料>2枚分

米粉………50g

モリンガパウダー…小さじ1

バナナ(完熟したもの)…1本

豆乳………50ml

<作り方>

  1. 米粉とモリンガパウダーを別のボウルに混ぜておく。
  2. ボウルにバナナを入れてフォークでつぶす。豆乳を入れて混ぜてから、1.を加えて混ぜる。
  3. フライパンを熱したら一度火を止め、温度を下げてから油を薄くひく。生地を流し入れたら弱火から中火で、焦がさないように両面をこんがりと焼く。

好みで生クリームやメープルシロップをかけて食べるのもおすすめです。

モリンガアイス

生クリームや卵など、動物性たんぱく質を使わないギルトフリーなモリンガアイスは、豆腐を使えば簡単に作れます。

<材料>

絹ごし豆腐…150g(1/2丁)

豆乳………100ml

きび砂糖…大さじ3

モリンガパウダー…大さじ1

<作り方>

  1. すべての材料をミキサーに入れて攪拌する。
  2. 滑らかになったらジップロックなどの密閉性のある袋に入れ、平たく整えて冷凍する。
  3. 凍ったら袋のまま手で揉みほぐし完成。

柔らかく揉みほぐしてから再冷凍を繰り返すと滑らかな口当たりになります。凍ったものをミキサーやフードプロセッサで攪拌して再冷凍を繰り返すと、よりふんわりとした舌触りが楽しめますよ。

ジェノベーゼ風モリンガパスタ

ダイエット中に小麦粉を使った料理を控える人も多いと思いますが、どうしても食べたくなることがありますよね。

そんな時におすすめの、モリンガを使ったギルトフリーフードです。

<材料>1人分

パスタ………80g

ニンニク……1かけ

ミニトマト…5個

玉ねぎ………1/4個

モリンガ……小さじ1

ココナッツオイル…大さじ2

塩・コショウ…適量

<作り方>

  1. ニンニクはみじん切り、玉ねぎは粗みじん切りにする。ミニトマトは食べやすい大きさに切っておく。大きな鍋にお湯を沸かし、塩を一つまみ入れる。
  2. フライパンにココナッツオイルをひき、弱火でニンニクをいためる。
  3. ニンニクの香りがしてきたら玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎがしんなりしたらミニトマトもいれて炒める。同じころにパスタを別鍋でゆでる。
  4. パスタが茹だったら野菜を炒めているフライパンに入れて具と和える。最後にモリンガパウダーを振りかけ、塩コショウで味を整えたら完成。

グルテンが気になる方は、全粒粉パスタやそば粉を使ったパスタ、グルテンフリーパスタなどを用いるとよいでしょう。

パスタは単品で食べると栄養バランスが偏りがちになり、太る要因となります。モリンガを加えることで、ビタミンやミネラルを摂取できます。また、モリンガに含まれる食物繊維が糖質の吸収を緩やかにするため、体脂肪が体内に蓄積されるのを抑えてくれます。

まとめ

ダイエット中に罪悪感なく食べられることで人気のギルトフリースイーツや料理。

栄養満点でヘルシーなモリンガはギルトフリーにぴったりの食材です。カフェやレストランなどでモリンガのメニューを楽しめる機会がこれからも増えそうですね。

また、組み合わせる材料をひと工夫することで自宅でも簡単にギルトフリーなモリンガメニューを楽しめます。ぜひ試してみてくださいね。