宮古島産のスーパーフード!宮古島モリンガの魅力とは?

「奇跡の木」とも呼ばれるモリンガですが、どうしてそのように呼ばれているのか知っていますか?体に良いとされている栄養素がぎっしりと詰まっているので、女性だけでなく家族全員で手軽に栄養素を補給できる便利な食材です。お茶などに加工されたものもありますので、上手に活用して健康的な体にしていきましょう!

宮古島で採れるモリンガの特徴

宮古島で採れたモリンガには、沖縄という土地の良いところが詰まった独特の特徴があります。 宮古島で採れるモリンガの魅力と特徴を解説していきますので、モリンガを選ぶ際に参考にしてみて下さい。

安心の自然栽培

宮古島で生産されているモリンガは、多くが自然栽培で育てられています。栽培する業者によって作り方のこだわりが異なり製造工程や工夫には差があっても、宮古島ならではの良さを生かすために土地の良さを効果的に取り入れることのできる自然栽培を採用している生産者が多いのが特徴です。安心してモリンガを食べて欲しい!と言う意欲が強いのも、宮古島でモリンガを作る人たちの特徴ともいえます。

自然栽培とは、農薬を使用せずに天然の肥料などを用いて育てていく方法で、手間と時間をかけることから、商品の貴重価値や価格が高くなる傾向があります。体に良いものを摂ろうとするならば、植物の銘柄だけで選ぶのではなく、体に害のあるものが入っていないかを意識して選ぶようにすると、より安心してモリンガを摂ることができます。

従来から日本で作られる農薬を使用した製法や、日本では規制が甘くあまり危険視されていない物質なども排除することができるので、スーパーフードというだけでなく「無農薬・自然派」という考え方を意識するきっかけをもたらしてくれる植物ともいえます。

宮古島の良質な土壌で作られている

モリンガは、そもそもインドなどに自生する植物で日本のような四季のある国で作られるのは珍しいようです。宮古島や沖縄本土では、日本の中では暖かく寒暖の差が比較的少ない地域なので、本来は亜熱帯などで育てられている植物を栽培するのも納得ですよね。 モリンガは生命力が強くどんな土地でも育つことができる植物としても知られていますが、いざ継続して育てようとすると、それなりの手間や工夫が必要になります。

宮古島の土壌には、サンゴ礁が作る石灰の層が存在していて、その石灰の層がモリンガの栽培には向いていると言われています。透水性が良いので根腐りしづらく、モリンガが丈夫に成長する質の良い土地として活用されています。どの植物にとっても良いわけではなく、モリンガが特にこの土地に向いていたと考えるのが自然かもしれません。

宮古島モリンガの魅力

モリンガには、驚くべき魅力が沢山詰まっていて、それらをいかにして有効に使えるかがモリンガの良さを最大限引き出す鍵になります。モリンガの特性を正しく理解して効果的に取り入れるようにして下さい。

生命維持に欠かせない栄養素が豊富

宮古島モリンガは人間の体に必要な必須アミノ酸や必須ビタミン・ポリフェノールなど実に多くの栄養素を含有しています。体の内側から健康にするために摂るように勧められるサプリメントの効果を、宮古島モリンガだけでまかなえるとも言われているほど、その効果は絶大のよう。

かの有名なインドの医学書「アユールヴェーダ」にも、「モリンガは特別な植物で、その使い道は実に多くある」と記載されています。このため、インドでは昔から民間療法の手段の一つとしてモリンガを広く活用していました。モリンガを摂取していると免疫力が上がり、体調不良にも陥りにくくなるという報告も。疲れや睡眠不足がなかなか解消しないという人は、飲んでみるのも一案。栄養素が不足しているとそれだけで健康を損なう可能性が高くなります。十分な栄養素を補給しておくことで、健康や美容にも良い効果が発揮されやすくなります。

活性酸素から体を守る抗酸化作用

宮古島モリンガには、抗酸化作用が期待できるビタミンEが豊富に含まれています。 活性酸素の働きを抑える作用のあるビタミンは抗酸化ビタミンと呼ばれ、ビタミンEの他にもビタミンAやビタミンCも抗酸化ビタミンの一種とされています。ビタミンAとビタミンCを摂取しておくことで、ビタミンEの効果を最大限発揮できるようになります。モリンガには、この抗酸化ビタミンが全て含まれています。一度に効率良くビタミンを摂ることができ吸収もよくなるので、宮古島モリンガを食事に取り入れて健康管理に努めるようにしてみて下さい。

宮古島モリンガに含まれているビタミンEは、脂溶性のビタミンなので油を使用した調理法で食べると、体の中に取り込まれやすくなります。ビタミンEとビタミンAの組み合わせは細胞膜などの脂質の酸化を予防する働きがあるので、体の酸化を内側から予防したい時には最適です。また、ビタミンEとビタミンCとの組み合わせは、血中に潜り込んで活性酸素から体を守ってくれます。

老化や生活習慣病を抑制する抗炎症作用

宮古島モリンガは老化や生活習慣病の予防にも役立つと言われています。宮古島モリンガには、92の栄養素・46の抗酸化作用・36の抗炎症作用があるとのこと。様々な食品をバランス良く摂るよりも、宮古島モリンガだけでもより効率的に十分な栄養素が補給できるとも考えられています。

生活習慣病や老化は、ライフスタイルの中で体の細胞が徐々に酸化したり、正常な働きをしなくなることが原因で起こります。ですので、日頃から、生活習慣を正しくしていく工夫や健康に良いとされている食品を摂るようにする事が大切です。

モリンガは、栄養バランスの偏った生活を送っている方や、食事の管理が苦手な方にも取り入れやすいので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

栄養密度の高さ

栄養密度とは、簡単に説明すると食品のカロリー総量に対する栄養素の指数と言います。宮古島モリンガはこの栄養密度が驚くほど高く、それによって効率よく栄養素を体内に取り入れることができるのです。同じカロリーの食品を摂るのであれば、より栄養価の高いものを摂取したいと思いますよね。

モリンガは、日本でお馴染みの食材よりもより効率的に自分に足りない栄養素を補給することができるようになります。普段の食事から体内に取り込める栄養素は限られているので、栄養密度が高い食事を意識すれば効率的に摂取できます。栄養分が体に吸収されるのには程度があり、一度に過剰にとっても意味がありません。様々な栄養素をバランス良く普段の食事から取り入れることができるように、生活習慣と同時に食生活も見直すようにしましょう。

宮古島モリンガはお茶で飲むと効果的!

モリンガ茶は、宮古島モリンガの栄養素を摂取することができるので、効率の良い方法と言えます。
宮古島モリンガをお茶として飲むときには、ティーバッグなどに入れたり、パウダー状にしてお湯に溶かして使います。鮮やかな緑色をしていますが、ほうじ茶のような香ばしい香りがします。他の種類のお茶と遜色ないくらい飲みやすいので、摂取方法に迷ったらぜひお茶として楽しんでみるといいですよ。牛乳や豆乳などに混ぜてドリンクにしたり、スムージーとして味を楽しみながら飲む方法もあります。お茶だけでなく様々な方法を試して、自分に合った飲み方を見つけていくと、気軽に飲み続けることができるのでおすすめです!

まとめ

宮古島モリンガは、どの部分をとっても素晴らしい栄養価値を持つ植物です。宮古島モリンガは、産地の異なる他のモリンガとどのような差があるのか知ってから試してみると、より味わい深くなるのでは。宮古島のモリンガができるまでの過程や、どれだけ手間をかけて作られているかを知れば、試してみたくなるはずです!

形状の違いによって様々な食品と合わせて摂取することができるので、普段食べている食事に混ぜたり、トッピングとして使用したりして、食生活に上手く取り入れていくと、無理なく効率よく健康的な食事を摂ることができるようになります。