石垣島のモリンガが良質な理由3つとモリンガの恵みを堪能する方法

広告

モリンガの効果の恩恵を余すところなく受けたい人は必見です!

安全性の高さから国内産のモリンガの評価が高まっていますが、中でも人気なのが石垣島産モリンガ。高品質なモリンガが石垣島から生産される理由を探るとともに、モリンガを美味しく摂り入れるためのレシピをご紹介。ひと工夫するだけでモリンガが食卓を彩ります。

石垣島にはモリンガの栽培環境がそろっている

モリンガの成長に必要な条件

「奇跡の木」「ミラクルフルーツ」と呼ばれるほど豊富な栄養素を含むモリンガ。

高いアンチエイジング効果や健康効果が期待できる、いま注目の食材です。

モリンガは亜熱帯や熱帯気候といった、温かい地域に生息する植物です。気温が高ければ比較的悪環境であっても成長するのがモリンガの特徴。

乾燥した砂質土やローム質を好み、干ばつにも耐える強さを持っています。そのため土壌が貧しい土地でも生育が可能です。

モリンガの成長に適した気温は15~18℃。もちろんそれ以上の気温であればすくすくと育ちます。一方で寒さには弱く、気温12℃を下回ると成長が止まってしまうという難点も。

寒い地域ではモリンガは生きていくことができません。

南北に長く国内での寒暖差の激しい日本では、地域によって生育できる場所とできない場所があるのです。

日本国内でモリンガの栽培に適しているのは、気温0℃を下回ることのない地域。九州や沖縄などの中でも亜熱帯気候に属する地域が該当します。

石垣島は亜熱帯気候で輸送環境も整備されている

石垣島は沖縄県にある島。

沖縄本島からさらに南西に410キロ離れたところに位置する離島です。

石垣島でもっとも寒い1月の平均気温が約19℃。最も温かい7月の平均気温は約30℃。年間の平均気温は約24℃で、石垣島の気候は亜熱帯地域に属します。

温かい気温であることが生育条件のモリンガにとって、石垣島の気候はベストマッチ。

また石垣島では年間を通してモリンガの収穫ができ、年間でおよそ10回以上、モリンガが採れるため安定した生産量を確保できるのです。

石垣島がモリンガ栽培に適しているのはもう一つ、輸送環境が整っていること。島内には国際空港があるため輸送環境が整っています。

その日の朝に収穫した作物をその日のうちに国内の大都市へと届けることもできるのです。

石垣島には栽培・加工・流通の生産ラインが整っているため、モリンガを生産する農家の数は現在も増えています。

石垣島産のモリンガの特徴について

 

国内では珍しい屋外栽培

亜熱帯・熱帯地域に生息するモリンガ。

温暖な気候、そして太陽の光をたっぷり浴びて成長することは、モリンガの栄養素を形成するうえでとても大切です。

日本国内のほとんどの地域では冬の寒さにモリンガが耐え切れないため、モリンガを育てるためにはハウス栽培を行う必要があります。

屋外でモリンガが生育できる石垣島は、国内ではとても貴重な環境。太陽の光をたっぷり浴びた栄養価の高いモリンガを栽培できます。

モリンガの生育環境は葉の色や栄養素の量に色濃く影響を及ぼします。実際にインドやフィリピンなど東南アジアで栽培されたモリンガの栄養価に比べ、日本産の栄養価は若干出遅れている印象が否めません。

そんな中、東南アジアにもひけをとらない亜熱帯気候である石垣島で栽培されたモリンガは、恵まれた栄養価を含んでいるのです。

農薬・除草剤・化学肥料を使わない石垣島産モリンガ

石垣島のモリンガの特徴は、国内でも珍しい「屋外栽培」であることに加え、「無農薬」にもこだわった栽培をしていること。

石垣島では、農薬はもちろん、除草剤や化学肥料などを一切使わずにモリンガを育てています。

栽培農家によっては隣地の作物畑からの農薬の飛散を避けるために、他の畑から遠く離れた場所にモリンガ畑を作り、周囲を樹木で囲いうというほどの徹底ぶりで無農薬にこだわっているほど。

また栽培や加工の過程で外国産のモリンガや他の産地のモリンガが混ざりこまないように、徹底して管理されています。

純粋な石垣島産ブランドのモリンガを手にしやすい環境が整えられているということですね。

石垣島オリジナルのモリンガ製品づくり

石垣島では早くからモリンガの可能性に注目してきました。

今ではモリンガの栽培組合が作られ、栽培方法や品質の水準管理が徹底されています。

組合がモリンガ栽培農家の様子をこまめに伺い、情報交換を行いながら、栄養価の高いモリンガを安定して栽培できるように環境づくりを行っているのです。

大きすぎない離島であるという石垣島の特性を生かして、管理を徹底させているのですね。

石垣島ではモリンガの収穫はすべて手仕事。丁寧にハサミを使ってモリンガの葉を摘み取ります。

加工や製品化するときにも石垣島モリンガならではのアイディアが。

シンプルなモリンガパウダーのほかに、モリンガに塩やトウガラシなどを加え、日本人の味覚に合わせた調味料が商品化されています。

またモリンガ茶も石垣島産のものは選別や加工が丁寧。口当たりがまろやかで飲みやすいと好評を博しています。

石垣島産モリンガと外国産モリンガのちがい

モリンガの生育のちがい

石垣島産モリンガと外国産モリンガのちがいを、生育の観点から見てみましょう。

国内産モリンガと外国産モリンガの主なちがいは栽培する気候にあります。外国産で流通している主なモリンガは、亜熱帯気候である東南アジア産のものが多くみられます。

外国産のモリンガに比べると国内のモリンガは気温が低く、また変化に富んだ気候により生育が左右されがちです。

そのため葉の厚みや栄養価に差が出ることが多々あります。

石垣島産のモリンガは通年で温暖な気候の中で育てられるため、一般的な国産モリンガに比べて高い栄養価が期待できます。

ただし、年によっては寒さが強かったり日照時間が少ないこともありますので、その年にできたモリンガの栄養価には気候の影響が出ることも考えられます。

製法や管理基準のちがい

国産モリンガと外国産モリンガのちがいは他にもあります。それは製品の加工方法などの製法や、商品管理の基準です。

ちなみに国産のモリンガ製品であっても、業者によって製法がまちまちです。ひとくちにモリンガパウダーやモリンガ茶といっても、国内産のモリンガすべてが同じ製法で作られているわけではないことに注意しましょう。

外国産のモリンガは栽培の段階から国内とは異なる基準で行われています。無農薬の基準も国によって異なり、その基準に従って栽培されていることを覚えておくとよいでしょう。

同様に加工の管理基準もその国によって設けられています。輸送の方法や保存の方法も国内産とは異なる基準で行われます。

一方、国内産のモリンガは、日本の管理基準に従って徹底した衛生管理・品質管理がなされています。

もちろん外国産のモリンガのなかでも国内で流通しているものは、日本の審査基準をクリアした安全性の高いもの。ただし外国産の栽培や製造過程を気にするユーザーも多いことは確かです。

石垣島産モリンガの厳しい品質管理と安全性の高さ

もちろん石垣島産モリンガも国内の管理基準に従って製造・販売されています。

では実際のところ、どのような品質管理がなされているのでしょうか。

石垣島産モリンガは栽培組合の管理の下で栽培や製造がなされた商品が多く流通しています。

農薬や除草剤、化学肥料などを排除した無農薬栽培で、モリンガ畑の手入れには多大な労力と時間がかかっているのだとか。さらに刈り入れ後、製造過程でも厳しい基準が設けられ、それに則って製品化がなされています。

特に衛生管理に関しては徹底されており、定期的に残留農薬や大腸菌の検査を実施しているのだとか。

また残留農薬に関しては、第三者機関の検査をクリアしたものだけを商品化しています。この検査は250もの項目を設けてチェックするという細かさ。

石垣島産のモリンガが高品質で安全性が高いと評価されるのはこのためです。

石垣島産のモリンガ製品をチェック

石垣島産の主なモリンガ製品

石垣島産のモリンガ製品で手に入れやすいのは、「モリンガパウダー」「モリンガ茶」「モリンガタブレット」といった食品です。

ここでは石垣島産のモリンガ製品を詳しく見てみましょう。

  • モリンガリーフ

モリンガ製品でも珍しいドライリーフです。モリンガの葉をそのまま乾燥させたもので、ドライベジタブルとして料理に使うことができます。

  • モリンガパウダー

モリンガの葉を乾燥させたものを粉末にしたもの。飲み物に溶かしたり料理に入れたりして用います。

  • モリンガ青汁

ケールや明日葉など、緑黄色野菜を用いることが多い青汁。石垣島産モリンガ製品ではモリンガの青汁も見つけることができます。

モリンガパウダーとのちがいは、モリンガの葉を低温乾燥させて酵素を効果的に摂取できるように加工している点です。

  • モリンガ調味料

石垣島産モリンガならではの製品。モリンガに、塩やトウガラシを混ぜて調味料として使えるようになっています。

  • モリンガ茶

モリンガ製品の中でもおなじみのモリンガ茶です。ティーパック型が多く、お湯や水でエキスを抽出したものを飲みます。

  • モリンガサプリ

石垣島産モリンガサプリの中には、添加物を一切用いず、圧力だけでタブレット上に固めた「モリンガ100%」のタブレット製品もあります。

石垣島産モリンガの購入方法

石垣島産モリンガはどこで購入することができるのでしょうか。

モリンガの知名度が上がってきた近年では、モリンガ製品は輸入食材を扱う食料品店や、自然食品のお店で購入することができるようになりました。

ただし扱う製品やモリンガの産地に関してはお店によって異なります。

石垣島産モリンガを確実に手に入れたいという人は、沖縄や石垣島の地元に直接出向いて買い付けるか、ネット通販を利用することになります。

大手総合通販サイトや自然派食品のショップなどでも石垣島産のモリンガの取り扱いが見受けられます。

また、石垣島の団体や業者が自社製品を直販しているネットショップで購入することもできます。

大手通販サイトでは手軽さがメリットとなりますが、団体や業者の直販ネットショップでは細やかなサービスや対応が受けられることも。

利用するサイトは好みやニーズによって選ぶとよいでしょう。

石垣島産モリンガをもっと美味しく楽しむレシピ

混ぜるだけの簡単モリンガレシピ

この項目では、手間いらずのうえにアレンジが効く、石垣島産モリンガを使ったレシピをご紹介します。

  • そのまま入れるだけのレシピ

モリンガパウダーをそのまま入れるだけのレシピです。以下の料理に用いるのがおすすめです。

・味噌汁

・うどんだし

・サラダ:野菜の上にかけてもドレッシングに混ぜても美味しく食べられます。

・天ぷら:モリンガに塩を少々混ぜ、抹茶塩のようにしていただきます。

  • いつもの料理にちょっとアレンジレシピ

・モリンガスムージー

①フルーツスムージー

<材料> 1人分

イチゴ 5~6粒

ブルーベリー 10粒ほど

ヨーグルト 80g

牛乳 100ml

モリンガパウダー 好みの量

②グリーンスムージー

<材料>1人分

小松菜 50g

バナナ 1/4本

レモン汁 少々

豆乳 200ml

はちみつ 大さじ1

モリンガパウダー 好みの量

これらの材料をミキサーに入れて攪拌したら出来上がりです。

ひと手間かけてさらに美味しいモリンガレシピ

この項目では、石垣島モリンガパウダーを使ったお料理のレシピをご紹介します。

  • 甘いモリンガ卵焼き(6切分)

<材料>

卵 2個

砂糖 大さじ1

塩 少々

石垣島モリンガパウダー or モリンガ茶葉  小さじ1

<作り方>

①フライパンに油(分量外)をひき、中火で温めておく

②ボウルに卵を割り入れ、卵とモリンガ、塩を入れてよく混ぜる

③フライパンの火を弱火にして卵液を数回に分けて流し入れる。

流し入れるたびに菜箸かフライ返しで手前から奥へくるくる巻いていく

④火が通ったら完成

  • キャベツとモリンガの塩昆布和え

<材料>2人分

キャベツ 3~4枚

塩昆布 5g

石垣島モリンガパウダー or モリンガ茶葉 小さじ2

ごま油 大さじ1

塩 小さじ1

一味唐辛子 適量

<作り方>

①キャベツを洗って水けをきり一口大に切る

塩昆布も食べやすい大きさに切っておく

②キャベツを入れたボウルに塩昆布と塩をいれ、キャベツに揉みこんだら30分置く

③キャベツからでた水分を軽く絞る

ごま油と一味唐辛子、モリンガパウダーを入れて混ぜたら完成

まとめ

温かい気候の中で育ち豊富な栄養を蓄えるというモリンガの生育地として、日本国内の中で最も適した場所のひとつ、石垣島。

屋外栽培が可能な気候的な条件がそろっているうえに、国内産ならではの強みといえる徹底した衛生・品質管理を行い、良質なモリンガ製品を作ることができます。

特に石垣島産のモリンガは栽培組合が栽培から製造販売まで管理しているため、無農薬栽培のモリンガを安定的に生産することができます。

モリンガパウダーやモリンガ茶以外にも、石垣島独自のモリンガ製品を展開していますので楽しく摂り入れたいですね。

手軽にアレンジできる石垣島産モリンガ。アレンジレシピもぜひ試してみてくださいね。

広告